ニキビの改善方法は?

食生活の乱れは肌に影響を及ぼしますが、特に脂っこい食事はにきびを引き起こす原因として知られています。皮脂が多くなるからです。

 
医食同源という言葉があるように、人間の美と健康は正しい食生活にあるのです。

 ニキビは皮脂の過剰分泌や、肌の皮脂が正常に分泌できない状態が原因で起きやすいと考えられています。
そのため、皮脂の元となる脂っこい食べ物の食べすぎや、刺激の強い食べ物などは皮脂腺を刺激し、皮脂の過剰分布の原因となり、ニキビを引き起こしやすくなります。

また栄養の偏りなどは、ホルモンバランスが崩れ、ニキビや肌荒れを引き起こしてしまうのです。

 また、食生活が乱れると便秘を引き起こしがちです。
特に食物繊維が不足すると便秘を引き起こしやすくなり、肌荒れの原因になるとともに、トイレへ座る時間が増えます。
肌の状態が健康でない状態でトイレへ座る時間が増えることで、お尻で菌が繁殖しお尻にきびの原因になってしまうのです。

そこでお尻にきびを食事で改善するためには、バランスの取れた食事が大切となります。

お尻にきびは人目に触れにくいため、放置してもかまいませんが、放置することで悪化する場合があるため、正しいスキンケアや食事を見直す事が大切です。
特に栄養の偏りや栄養不足は代謝を低下させ、ニキビを含めた肌トラブルの原因となりやすいので、バランスの取れた食事を心がける必要があります。

また、にきびを改善させるために必要な栄養素を積極的に取り入れることによって、お尻にきびを改善させることもできます。

肌の免疫力を上げるビタミンAや、代謝や皮脂の分泌、自律神経の乱れを整えホルモンバランスを正常にさせる働きをするビタミンB群、抗酸化作用や抗炎症作用で美肌を保ち、皮脂の分泌量を調整するビタミンC、肌荒れの原因となる便秘を解消させ、トイレに座る機械を少なくさせる食物繊維、腸内環境を整え、全身の免疫力を高める乳酸菌などが含まれて入る食品を食事に積極的に取り入れることで、食事によってお尻に、にきびが出来づらい環境にしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *