ニキビ跡はどうする?

 一般的なシミはニキビがあった場所に茶色く残るものでしょう。シミはは炎症を伴う悪化したニキビの治癒後に発生することが多く、最悪の場合は一生モノとして残ることもあります。これは炎症発生時にメラニン色素が産生されることに由来する現象です。健康な肌であれば多少のメラニンが産生されてもターンオーバーによって徐々に排出され、白い肌に戻っていきますが、炎症が悪化して肌の奥にある真皮までもダメージを受けた場合には、メラニン色素の色が残ってしまうのです。

 赤黒色、紫がかった色のシミは、茶色いシミとは別のメカニズムによって発生するものです。炎症や化膿が悪化すると、表皮の奥にある真皮にダメージが及び、毛細血管が壊れてしまいます。すると、血管内の血液が皮膚細胞にまで漏れ出てしまい、細胞に染みこんでいくのです。赤血球に含まれるヘモグロビンは酸素との結合を失うと黒っぽく変色するので、それがシミのように残ってしまい、赤黒い、あるいは紫がかった跡になるわけですね。ただ、血腫は固まった血液を溶解する酵素としてプラスミン、t-PAなどを持つマクロファージの働きによって徐々に消えていきます。

 ニキビを出さなくするには汗・汚れ・皮脂をエサにして細菌が増えないようにする。弱酸性のソープを使うと皮膚の常在菌が増えづらくなる。

肌が乾燥すると、水分を補うために皮脂分泌が盛んになり、ニキビの原因に。油分が少ないさらっとしたローションやボディークリームを使って。

ターンオーバーが乱れて角質が厚くなると、毛穴づまりを起こしやすくなる。ピーリングケアを取り入れて。皮膚に見えない小さな傷がつき、それにより乾燥するので、ニキビが悪化しがち。レーザー脱毛も皮脂腺を刺激するので、一時的にニキビが悪化することがある。

ピタッとした化学繊維の素材や、しめつけ感のある服は、皮脂や汗がたまりやすいのでNG。ゆるっとした風通しのよい服を着て、肌への刺激を避けて。

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *